固定記事

結婚節約ガイド

結婚式場やホテルに飛び込みで行って、結婚式と披露宴の見積りを取ると・・・

普通はびっくりするような金額は提示されないのが普通です。

何故かというと、後々打ち合わせをしながら、ドンドングレードアップによる単価アップが可能だからです。

ご両親を抱き込めれば、当初予算の1.5倍~2倍は取れると言われています。

先輩カップル達が節約したもの1位

結婚式で節約してもいいものと、できればケチらない方がいいものがあります。

定番ペーパーアイテム

先輩カップル達が節約したもので一番多かったのは定番の「ペーパーアイテム」です。

席次表や当日の料理のメニュー、席次表やふたりのプロフィール紹介などは式場に注文せずに自作するのです。

あとはウェルカムボードや、受付に飾る物も手作りにしている方は多いです。

写真

続いて記録系の写真やビデオ、当日の上映アイテムです。

残念ながら、スタジオ写真や親族集合写真は、ホテルや式場にスタジオが入っている場合は金額が高くても式場に頼むしかありません。

スナップ写真

撮影しなければ、まるまる節約になりますが、披露宴に何百万も掛けて写真が手元に残らないのは淋しいですよね。

友人や兄弟に依頼することになると思いますが、腕はおいといて・・・

撮れなかった理由は、よく耳にするのが「途中から写ってなかった」・・・

電池がなくなった、酔っぱらって撮るの忘れちゃったなどなど。

知り合いに依頼する場合は、ある程度スキルのある(一眼レフを持っていて、4最低でも交換レンズ1本以上と外部ストロボを持っている)人に頼みましょう。

プロカメラマンに直接依頼

他には式場を通さずに、プロのカメラマンに直接依頼するという方法もあります。

式場の取り分、撮影会社の取り分が除かれるので費用的には15~20万かかるところですが、3万~5万円程に抑えることが可能です。

アルバムなどは、データがあれば後でいくらでも作ることができます。

カメラマンに直接頼めば3万~5万で済みます。

知り合いにブライダル撮影経験のあるカメラマンがいらしゃらなければお問い合わせからご連絡下さい!

お問い合わせはこちら

ブライダル撮影は腕はもちろんですが、撮り直しが出来ないブライダルの撮影は経験が最重要です。

ビデオ、当日上映アイテムはこちら(近日公開予定)